×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPに戻ります。 ikm♂の描いた漫画をご覧いただけます。

画像をクリックすると新しいウィンドウで1ページ目が表示され、下部のボタンで次のページに進みます。
ブラウザの「閉じる」で閉じてください。
 「チョークを投げる」
居眠りをしている生徒にチョークを投げる、というシチュエーションのギャグ漫画。15ページ。2006年制作。
2桁程度の人数しか見ていないはずなのに、後に同じシチュエーションの牛乳のCMを目にして「パクられたか!?」と被害妄想に。
 「Miyazaki Manabu Fiction」
南国に住む大学生の日常を題材にした4コマ漫画。9ページ、16本。2006年制作。
新入生や受験生が見るという本に寄せた作品ですが、例によって大した人数の目に触れませんでした。
魚にそっくりの先生は魚住先生といいます。
 「オトメダシ」
珍しく2次創作です。お題は「舞-HiME」。18ページ。2007年夏コミ用。50部。
漫画研究部で親しい部員が夏コミに参加するというので便乗させていただきました。
「舞-HiME」をご覧になった後でないと楽しめない内容になっているのでご注意ください。
 「堪忍袋system」(08/5/25)
漫画やアニメで見るような女の子が実際に隣にいたら…あんまり大丈夫でいられない気がするのです。
2008年製作。10ページ。
 「case」(08/7/11)
漫画研究部で“ネーム交換漫画”という企画の際に描いたものです。ネームとは漫画の設計図のようなもので、これを交換することで「あの人の描きそうな内容なのに絵柄が違う」「あの人はまず描かない話だな」といった楽しみ方ができるのです。
私が受け取ったネームは“漢の中のロリコン”おみそしる氏のもの。わあ、小さな女の子がいっぱい。途中から設計図とはずいぶん違っています。6ページ。
 「天使にもメリークリスマス」(08/12/24)
漫画研究部で去年のクリスマス企画の際に描いたもの。これもネーム交換漫画で、ネームは女性部員によるものでした。いかにも女性的な内容で、放っておいたら一生描くことが無さそうな内容でしたが、うまく自分色を紛れさせることが出来たと思います。4ページ。